赤ちゃんの水について記事一覧

赤ちゃんのミルクを作るとき、かつては水道水を煮沸して使用するのが一般的でした。地域によっては、いまでも煮沸した水道水で十分飲ませられる場合もあるでしょう。しかし最近では、残留塩素の不安など、有害だと思われる物を赤ちゃんには飲ませられないと考える方がほとんどのようです。「昔は水道水を煮沸してミルクを作ったものだ」と、ご高齢の方は言うかもしれませんね。しかし、かつては分からなかったことが解明されたり、...

妊娠を知ってから、お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて、赤ちゃんのことを考える時間が増えるでしょう。どんな環境で育てたいか、どんな本を読んであげたいか、洋服の素材や赤ちゃん用品へのこだわりなど、それまで考えもしなかったことが頭をめぐる方も多いのではないでしょうか。水について考える方も少なくありません。恐らくそれは、ご自身が飲む水についてよりも、より真剣により深く考えている方が多いのではないでしょ...

赤ちゃんのミルクを作るとき、どんな水を使用しますか。赤ちゃんは大人に比べて免疫力が非常に弱いため、使用する水も選ぶ必要があります。ミネラルウォーターは安心だと思われている方が多いようですが、粉ミルクの但し書きに『ミネラルウォーターは使用しないでください』と書かれている場合があります。ミネラルウォーターは、ミネラル分が非常に豊富です。マグネシウムやナトリウムなどの含有量が記載されていますね。しかし、...

シンプルな料理ほど、水の味やにおいが影響します。例えば、味噌汁などは良い例ですね。良いダシ、良い味噌、良い具材を使っていても、水が不味ければ美味しい味噌汁はできません。赤ちゃんの離乳食はほとんど味付けをしませんので、特に水の味やにおいは気になりますね。例えば、大人が気づくことはなかったとしても、赤ちゃんは敏感に感じることができます。お母さんの食べ物で味が変わる母乳も、不味いと感じれば泣くこともあり...

ミルクの赤ちゃんの、粉ミルクを作るための水は、ピュアウォーターやミネラルが含まれない国産の天然水などが良いですね。赤ちゃんの内臓は非常に未熟なので、ナトリウムやマグネシウムが含まれているミネラルウォーターでは負担が大きくなってしまいます。また、塩素の残留が心配な水道水は煮沸すれば大丈夫とも言われていますが、赤ちゃんには与えるのには不安が残りますね。では、母乳の場合はどうでしょう。お母さんが口にした...

かつて、赤ちゃんのミルクは水道水を煮沸して作るのが通常でした。しかし、昨今の日本では残留塩素などを心配する声も多くあり、ミルクに水道水を使用できる地域は限られているようです。そこで、大人が飲用に購入するミネラルウォーターで赤ちゃんのミルクを作る方もいるようですが、それは止めたほうが良いでしょう。ナトリウムやマグネシウムなどのミネラル分は大人にとって負担はありませんが、内臓が未熟な赤ちゃんにとっては...

生後6〜7ヶ月くらいになると、赤ちゃんの離乳食が始まりますね。それまでは母乳やミルクだけで十分だと言われています。生後0〜3ヶ月までの赤ちゃんであれば、母乳やミルクを十分与えていてば良いですね。3ヶ月を過ぎたら白湯や麦茶などを飲ませて、母乳やミルク以外の味にも慣れてもらいましょう。また、5ヶ月を過ぎたあたりからは薄めた果汁や市販の赤ちゃん用イオン飲料でも良いですね。初めは、お風呂あがりなど喉が渇い...

妊娠をしてお腹に赤ちゃんを宿すのは、当然ですがお母さんです。大変な思いをして赤ちゃんを生み、赤ちゃんを育てる中心になるのもお母さんであることがほとんどですね。しかし、お父さんにその想いがないわけではないでしょう。中には「思い描いていた子育てはできなかった」という方もいます。お父さんの育児参加には、お母さんの少しの工夫が必要かもしれませんね。お母さんほど上手にできない、赤ちゃんに泣かれてしまう、赤ち...