もし、あなたが赤ちゃんのミルクを水道水で作っているのなら、
もう一度、真剣に考えてみませんか?
赤ちゃんの“安全”ということを、、、

水道水は本当に安全なのでしょうか?

あなたは水道水が安全だと思いますか?

 

確かに日本の水道水は安全だと思います。
水質の基準も厳しくチェックしているようですので。

 

しかし、私は普段から日常的に水道水を飲むということはしていません。
なんだか抵抗を感じてしまうんですよね…
子供の頃、水道水を飲んだらお腹を壊すよって言われたこともあるし。。。

 

私が真剣に水道水の事を考えたのは、出産後のことでした。
初めて、赤ちゃんにミルクを作る時、果たして水道水で作っていいのかどうか?
普段、私が水道水を飲んでいないのに赤ちゃんには飲ませるのか…

 

そこで、いろんな人に話を聞いたのですが、意見は真っ二つに分かれ、
「水道水でも平気だよ。」という人もいれば、
「やっぱり怖いので水道水は使ってないわ。」という人もいるのです。

 

ネットで調べても同じような結果。

 

そこで、私は自分なりに判断しようと思い、水道水について様々な事を調べました。
その結果、私は水道水でミルクは作らないとう結論に至ったのです。

 

その理由を今からあなたにもお伝えしたいと思います。

私が水道水でミルクを作らない3つの理由とは?

衛生面に疑問がある

私が水道水について調べた時、真っ先に見た画像があまりにも衝撃的で、
そこから、水道水の衛生面にかなりの疑問を感じました。

 

まず、私たちが使う水道水は、雨や川から浄水場へ辿り着き、そこから水道管を通って
各家庭に水が届けられているのです。
そして、マンションの場合ですと屋上の貯水槽に一旦水が届き、そして各部屋に給水されるわけです。

 

しかし、この水が各家庭に届けられる水道管やマンションの貯水槽が、正直かなり不衛生なのです。

 

では、私が衝撃を受けた水道管とマンションの貯水槽の画像をご覧ください。

水道管

マンションの貯水槽

 

 

いかがでしょうか?

 

私たちの水道水は、このような水道管を通って水が届き、そしてこのような貯水槽で水が貯められているのです。

 

マンションの貯水槽の問題点

ちなみに、マンションの貯水槽は水道法で1年に1回の点検が義務付けられているようです。
しかし、それは10t以上の貯水槽だけなんですね。
現在、日本には約110万ヶ所に貯水槽があります。
このうち、10t以下の貯水槽は89万ヶ所らしいのです。
しかも、10t以下の小規模貯水槽の清掃率は3%と言われており、残りの97%は野放し状態らしいのです…

 

私は、マンション住まいでしたので、この貯水槽の画像にはかなりの恐怖を感じました。
おそらく、私のマンションの貯水槽は10tもなさそうでしたから…
このような貯水槽を通ってきた水を飲むと考えるとゾッとしますよね。

 

 

残留塩素の問題

先程もお伝えしましたが、私たちが利用している水道水は、雨や川から浄水場へ辿り着きます。
そして、その浄水場で汚れた水に含まれる雑菌・細菌を殺菌して、私たちの各家庭に水道水が届けられるのです。

 

その際に、使用されているのが“塩素”になります。

 

塩素といえば、一番身近なところでプールの消毒のために使っていますよね。

 

その塩素が、水道水の中に残っている事を“残留塩素”と言うのです。

 

つまり、私たちが利用している水道水には塩素が混じっているんですね。
よくカルキ臭いというのは、塩素の臭いなのです。

 

で、この残留塩素なんですが、私は少し怖く感じています。
というのも、残留塩素が私たちの身体に与える影響として、、、

・髪や肌のタンパク質を破壊する。
・肌の保湿力を低下させる。
・乾燥肌やアトピー性皮膚炎を悪化させる。

 

この他にも、花粉症・鼻炎・喘息などの原因になっているとも言われています。

 

ハッキリといって、私たちの身体に良いことはありませんよね。
ましてや、生まれてきたばかりの未発達な身体の赤ちゃんには、かなりリスクのような気がします。。。

 

 

水道水を沸騰させたらより一層危険な状態に・・・

私は今まで、なんとなくですが水道水を沸騰させたら安全なイメージがありましたが、
よくよく調べてみると、沸騰した時が最も危険な状態になっていることが分かりました。

 

それはなぜかといいますと、、、

 

水道水を沸騰させる理由は、塩素を抜く為に行うんですね。
だから、水道水を沸騰させたら安全というイメージがあったと思うのですが、
しかし、実はこの沸騰した際に火を止めてしまうとトリハロメタンという物質が通常の2〜3倍ほど発生するのです。

 

では、このトリハロメタンって一体何なのかと言いますと、これは水道水の塩素と有機物が化学反応を起こして
発生してしまう物質です。

 

しかも、このトリハロメタンは発がん性物質なのです。
大量に摂取すると、中枢機能や肝臓機能に障害を起こすらしいのです。
ハッキリと言いますと、有害物質なのです。

 

安全の為にと水道水を沸騰させると、今度はこのトリハロメタンが発生するのです。
正直、怖くないですか?

 

しかし、このトリハロメタンは沸騰させ続ければ、除去されるようなのです。
つまり、水道水が沸騰してすぐに火を止めるとトリハロメタンが大量に発生しますが、
そのまま15〜20分ほど沸騰させ続けることで、このトリハロメタンは消えていくのです。

 

しかし、15〜20分も沸騰させるのもね…

 

以上、私が水道水で赤ちゃんのミルクを作らない理由を3つお伝えさせて頂きました。
ご理解して頂けましたでしょうか?

 

ただし、これはあくまでも私個人の意見です。

 

先程もお伝えしましたが、水道水でも問題ないという人もいます。
ですから、必ずしも水道水が悪いとはいいませんが、私個人としましてはやはり水道水は安全と言いきれないのです。

 

やはり、生まれてきた赤ちゃんに少しでもリスクを負わせるような事はしたくありませんからね。
ましてや、まだ内臓も未発達な状態ですから、余計な有害物質や不純物などを口にさせたくありません。
せめて、ある程度身体が出来上がる1歳になるまでは。
親バカと言われるかもしれませんが、私は可愛い赤ちゃんの為には安全ということをかなり意識したいと思うのです。

 

では、赤ちゃんにとって安全な水とは一体どういうものなのか?
それをあなにもお伝えしたいと思います。

赤ちゃんの健康を考えた安全な水とは?

私は現在、赤ちゃんのミルクを水道水で作っていません。
また、ペットボトルの天然水でも作っていません。
それは、全て赤ちゃんの安全の為にと思ってそうしているのです。

 

では、私は一体どんな水で赤ちゃんのミルクを作っているのか?

 

それは、赤ちゃんにとって安全な水を使ってミルクを作っています。
その安全な水は何かといえば、、、純水です。

 

混じりっけ一切なしの安全なお水。
純水を使って赤ちゃんのミルクを作っているのです。

 

よく、ペットボトルの天然水で赤ちゃんのミルクを作っているお母さん達もいてますが、
軟水であれば特に問題はなりません。
が、しかし、天然水に含まれているミネラル成分は、まだ未発達な赤ちゃんの胃や腸、腎臓に負担がかかるので、
やはり赤ちゃんにとって安全な水は純水ということになるのです。

 

そこで、私が実際に使っている、純水を今からご紹介したいと思います。
私が実際に使っている純水は、「エンジェルスマイル」というウォーターサーバーの純水を使っております。

 

このエンジェルスマイルは、赤ちゃん専用に作られたウォーターサーバーなのです。

 

 

エンジェルスマイルには大きな特徴が2つあります。
それを今からお伝えしたいと思います。

赤ちゃん専用のウォーターサーバー2つの特徴とは?

赤ちゃんの安全にこだわった純水

先程、お伝えしました赤ちゃん専用のウォーターサーバー「エンジェルスマイル」は、
赤ちゃんの安全を考えて、純水にとことんこだわっております。
他社のウォーターサーバーでは、添加物を使用している場合が多いですが、このエンジェルスマイルは、
添加物を一切使わず、もちろん放射性物質もゼロです。

 

 

そもそも純水とはどんな水のことなのか?
それは、不純物が殆ど含まれない純度の高い水のことです。
RO膜という特殊な膜を使って浄化することにより、様々な不純物、貴金属をはじめ細菌やウィルス、
ミネラル成分や放射性物質まで全て取り除かれているのです。

 

このような工程を経て、作られていますので、純水はとにかく安全なのです。

 

エンジェルスマイルもこのような工程を経て純度の高い水を作っているのです。
また、エンジェルスマイルでは定期的に水質検査も行っておりますので、安心して飲むことができますね。

 

 

赤ちゃんのミルクが手早く作れる温度設定

赤ちゃんのミルクを作る時、粉ミルクを溶かすお湯は必ず70℃以上のものを使わないといけません。

 

その理由は、粉ミルクに微量ですが、サカザキ菌やサルモネラ菌などの細菌が含まれております。
これらの細菌を殺菌するためには、70℃以上のお湯が必要になってくるのです。

 

そして、粉ミルクを70℃以上のお湯で溶かしてから、流水して温度を冷まし出来上がりというわけですよね。

 

そこで、こちらのエンジェルスマイルには、70℃の温度設定機能が付いているのです。

 

通常、どのウォーターサーバーにも温水機能がついております。
しかし、その温度はおおよそ80〜90℃ぐらいに設定されております。

 

ですが、エンジェルスマイルでは70℃の温度設定ができるのです。

 

つまり、通常より短時間で赤ちゃんのミルクを作ることができるのです。

 

 

どうですか?便利だと思いませんか?

 

私たちのように、忙しいママにはピッタリのウォーターサーバーだと思いますよ。

 

私は、このエンジェルスマイルで毎日赤ちゃんのミルクを作っています。

 

確かに、水道水を使えば費用はかからなくて済むのですが、やはり赤ちゃんの健康はお金にはかえられませんからね。
せめて、この子が1歳になるまでは、私はこのエンジェルスマイルを使うつもりです。
将来、後悔しないためにも安全な水を使っていこうと思います。

 

もし、あなたも私と同じように赤ちゃんの健康の事を真剣に考えているのでしたら、
こちらのエンジェルスマイルはおすすめですよ。

 

只今エンジェルスマイルでは104円キャンペーン中です!